投稿者「語らぬ部」のアーカイブ

語らぬ部 について

語り部とはいえ、語らぬ部でありたい 語らぬとはいえ、語りたい!

友ヶ島研修は、加太・深山研修に・・・

 10月8日(火)、研修部主催の友ヶ島研修が、生憎の友ヶ島汽船の欠航のため、加太・深山研修に切り替えて実施されました。

 加太の街並みを歩き、まず、淡嶋神社へ向かいました。途中、2015年に解体された国登録有形文化財、吾妻屋旧本館跡を見て、淡嶋神社へ。

 山本均さんの案内です。

 淡嶋神社を出る頃、雨脚が強くなり、加太港大橋の下で暫し雨宿り。

 その後、雨が止んだ隙間を狙って、阿字ヶ峯に登りました。階段を上がる途中にあった観音堂は、撤去されていました。

 

 

 加太の街並みを歩き、旧丸治醤油倉庫を横に見て、先田よむぎ餅で、年代物のレジスターを拝見し、阿弥陀寺にみちくさし、光源寺では仁井田好古の墓を見ました。住職さんにもご説明をしていただきました。称念寺では、登録有形文化財の本堂と山門を拝見しました。加太春日神社では、1931年に国宝に指定され、現在では重要文化財の本殿を宮司さんに丁寧に説明していただきました。迎之坊、宮﨑家住宅(男登録有形文化財)、旧加太警察書(中村邸)(登録有形文化財)でUターン。友ヶ島海苔店、東京大学加太分室の前を通過し、駐車場へ。

 その後、休暇村紀州加太の駐車場へ。ここは、深山第二砲台跡ですが、玄関前の弾薬庫跡は、立入禁止になっていました。

 昼食を展望台でとりながら、ふと目を南にやると、見慣れない島影と思しきシルエットが。四国最東端の蒲生田岬とその先に浮かぶ伊島でしょう。日ノ御崎と蒲生田岬を結ぶラインより北側が紀伊水道です。

 昼食後は、煉瓦道(1897年の砲台建設当時の煉瓦道とのこと!、あまりのきれいさに管理人はいまだに信じられません。)を通って、深山第一砲台跡へ。28cmの榴弾砲の砲座跡での説明です。

 その後、展望台に上がると、淡路島がくっきり間近に見えました。

 そこから、男良谷砲台、海軍水雷発射施設方面へ向かいます。繋船所から、水雷発射施設跡らしきものを見た後、海岸にぽっかり空いている排水施設の出口らしいところに、坂本さんが果敢にも入っていったので、ついていきました。下の写真は、通り抜けた後を振り返ったところ。崎尾さんのライトが見えます。

 再び、男良谷砲台の前を通り、水雷格納所から水雷発射室へのトンネルを見に行きました。中はゆるやかに右にカーブし、最深部は崩落していて、そこの天井には100匹ほどのコウモリが下の写真のように、ぶら下がっていました。『まぶしいなあ』とこちらを見ている(目が光っている)コウモリもいるようです。そういえば、友ヶ島の砲台の暗闇ではあまり見かけなかったかも。おおきなゲジゲジもここでは、たくさん見ましたね。

 最後に、休暇村紀州加太へ戻り、コーヒーブレイク(ソフトクリームブレイク)で、この日の研修を終えました。

養翠園研修

 研修部主催の養翠園研修が、9月21日(土)10時から開催されました。

今回は、特別に、園主の藤井さんに、養翠亭内を案内していただきました。式台があった玄関部分は、将来復元されるかも・・・。

養翠亭は、普段は入れないので、写真もたくさんとりました。

養翠亭内の壁は、聚楽土が使われているため、壁をこすらないように背負っているリュックをおろし、気をつかいながら説明をうかがいました。御座ノ間では、治寶の気分(?)で説明をうかがいました。床柱はクヌギ(椚、櫟、橡、櫪)を使っていて、珍しいそうです。この御座ノ間からのみ、庭を見渡すことが出来ます。

養翠亭内を終えて、いつも案内する園内のガイドの研修は、今回は、堀畑さんが担当しました。

池泉回遊式の園内全体の説明です。

養翠亭前でのまとめです。

養翠園は、最後に、移設された湊御殿奥の芝生に出ます。

8月限定和歌山城定時ガイドを実施します

 この8月は、通常の『和歌山城定時ガイド』は休止し、『8月限定和歌山城定時ガイド』として、下記の日程で、毎日10時のみに、西の丸庭園入口からスタートします。なお、9月1日からは、通常の『和歌山城定時ガイド』に戻ります。

実施日程 8月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日祝)、12日(月振休)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)

実施時刻 10:00スタート

集合場所 西の丸庭園入口

一ノ橋大手門、新裏坂登り口には、下記のように表示しております。

ご面倒ですが、定時ガイドご希望のお客様は、西の丸入口までお越しくださいませ。

 

 

雨、和歌山城研修、そして晴天へ

 研修部主催の和歌山城研修が、6月15日(土)実施されました。

 集合時刻の9時45分には、雨が降りはじめましたが、西の丸をスタート。最初は山田さんの説明です。北堀沿いに歩き、御橋廊下からの天守をみて、駿河櫓、物見櫓、月見櫓の跡を紹介の後、一ノ橋へ。大手門で雨を避けながら、大手門の説明。秋篠宮様お手植えの楠をみながら、桃の刻印、鏡石、3種の石積みと雁木、岡口門と12個の狭間を持つ土塀、と話が進むうちに、いつのまにか雨は止んでいました。

 バトンタッチして、次の説明は、山本千賀さん。表坂からはじまりです。松ノ丸櫓台から眺めながら、堀の埋め立て計画と熊楠、紀州富士の話、松ノ丸の長い野面積、ジ城内2番目に古い楠、梛の話、松ノ丸から見おろして、4番目に古い動物園、七福の庭の話と続き、本丸跡へ。ここに『厩』があったことは意外でした。

 天守一ノ門からは、工藤さんに交替。和歌山城には25の門があったそうです。天守の分類、天守各部の名称などの詳しい話が聞けました。かつて天守二ノ門からまっすぐに石段があったという話を聞いた後、特別に許可をもらって、立入禁止の天守北側に、ほぼ1年ぶりに入ることができました。転用石や古天守があったとされる盾御蔵台、金明水井戸櫓、埋門、水ノ手門が紹介されました。

 最後の案内は、山本均さん。裏坂を礎石をみながら降りて、台所門の前に3つの建物があった話、そして、二の丸御殿から大坂城へ移築された紀州御殿の話、御橋廊下を渡り、養翠園と対になる大灯籠と、話が続きました。この頃には、日射しも強くなっていて、スタート時の雨は何だったの?という感じでした。

 四者四様の案内スタイルを体験することができました。

『ハートに矢がズキューン!』天守二ノ門内に出現!?

 新会員研修の折、天守二ノ門を入り石段を上がったところから振り返ると、きれいな『ハート』が見えました。バレンタインデーにちなんで、白い砂利石をハート型に整備したもののようです。

 ところがよく見ると、石段の手すりがハートに突き刺さっているようにも見えます。ハートが矢で射貫かれたようすでしょうか。狙ったものかどうかわかりませんが、ちょっとおもしろかったので、ご紹介します。いわゆる『インスタ映え』するかどうかわかりませんし、ずっとあるかどうかもわかりません。撮るなら、お早めに。

 

弊会が和歌山市文化表彰、文化奨励賞を受賞

 弊会が平成30年度和歌山市文化表彰、文化奨励賞を受賞することになりました。『市報わかやま 平成31年1月号』に掲載されました記事の文章を引用いたします。

 

 文化奨励賞

 和歌山市語り部クラブ【郷土歴史案内】

和歌山城をはじめ市内の観光名所や遺跡を案内し、本市の歴史や文化を深く語り伝える。次代を担う子供たちに現地を案内し、郷土の歴史や文化を伝承する。外国語を話せるガイドを育成し、インバウンド推進に貢献。多様なウォークを開催し、本市の「南方熊楠生誕150周年記念事業」などを盛り立てる。本市の特色的な魅力を市内外へ発信しており、今後の活躍が大いに期待される。

1月15日、表彰式で、他の受賞者のみなさんと中島会長(左端)

1月15日、表彰式に出席した弊会代表(左から、堀畑さん、岩田さん、中島会長、杦本さん、片山さん)

1月15日、表彰式にて

1月15日、表彰式についての各社の報道

◎和歌山放送

和歌山市文化表彰・表彰式(写真付)

◎テレビ和歌山

http://www.tv-wakayama.co.jp/news/detail.php?id=51775

 

 

和歌山ラーメンマップがリニューアル!

 和歌山ラーメンマップがリニューアルされました!

名前も『和歌山ラーメン味めぐりまっぷ』、サイズも1.5倍になり、お店も更新されています。ラーメンのタイプを『しょうゆメイン』、『とんこつメイン』、『こだわりの一杯』の3つに分けたところが新しい!

 「和歌山ラーメンを食べたい」というお客様だけでなく、和歌山を訪れるすべてのお客様には必携のマップです。観光協会のHPに掲載されましたのでリンクします。画像をクリックしてください。

 

日本遺産和歌の浦モニターツアー開催!

12月18日付、和歌山市観光協会のHPの情報によりますと、和歌の浦日本遺産活用推進協議会では1月19日(土)~20日(日)に、大阪駅発で1泊2日のモニターツアーを開催するようです。

19日(土)大阪駅(8:00)→和歌山城→おっとっと広場(ご昼食)→和歌浦天満宮、紀州東照宮、玉津島神社、不老橋(語り部と散策)→養翠園(入場見学)→和歌の浦宿泊施設

20日(日)各宿泊施設→紀三井寺(入場拝観)→うるわし館(蒔絵体験)→黒江の町並み(語り部と散策)→うるわし館→みちくさ(ご昼食)→長保寺(入場拝観)→中野BC(酒蔵見学)→JR大阪駅(18:00頃)

という日程です。詳しくは、パンフレットをご覧ください。

お城ウォークと三味線を4カ国語でご案内!

お城ウォークと三味線を4カ国語でご案内!

高野熊野地域通訳案内士、全国通訳案内士と数名の語り部クラブのメンバーが、新しい団体を立ち上げました。

ShoLa(しょーら)という、和歌山市発の多言語の観光ガイドの集まりです。英語、中国語、フランス語、韓国語で、案内します。

12月2日に、三味線と和歌山城をテーマにイベントを行います。