新規会員研修・『和歌山城天守内』より

2月23日(土)、新規会員研修も5回目で最終回。今回は、和歌山城天守内。

 わかやま歴史館前に集合。山本均さんの案内でまず、砂の丸を通り新裏坂登り口へ移動。102段あるという石段を登り、いざ天守を目指します。立入禁止になっている『金明水』からの道があることなどが紹介されました。

 天守へのチケット売り場前で、いったん集合。秀吉が紀州攻めの時、太田城を水攻めしながら、築城場所を探したことなどが話されました。天守二ノ門前で、天守が1846年、1945年と99年の間をあけて、2度焼失したことや、石垣の焼けた痕跡が示されました。天守では、先に最上階へあがり、東西南北の展望がそれぞれ説明されました。

 時間も迫ってきたので、天守から出て、二ノ丸の東屋へ移動。新規会員参加者に一人ずつ、スピーチをしてもらい、5回の研修を終えました。