語り部は、和歌山の名所、みどころで、皆様をお待ちしています。赤いベスト、ピンクのパーカー、ピンク、紺のポロシャツの語り部の『ここだけの話』をお楽しみください!!

みすゞ

スポット情報

400年目の和歌祭り

1621年、紀州徳川初代、頼宣公が、和歌浦の地に東照宮を造営し、父上家康公をお祀りしました。それから1年後の5月に最初の和歌祭りが行われたといいます。今年はそれから400年目の大祭です。いつもは東照宮、和歌浦周辺を巡るのですが、今年は家康公...
スポット情報

花の王、牡丹開花

和歌山城公園に、牡丹が開花しました。 白牡丹といふといへども紅ほのか    虚子 緋牡丹の日に鮮やけし野面積み          みすゞ これからぞくぞくと開花してゆきそうです。皆さん、ゆっくりご覧くださいね。 おもむろに次の牡...
スポット情報

和歌浦、玉津島は春深し

日本遺産、和歌の浦の玉津島神社に、春は長けてゆきます。市内のソメイヨシノは散ってゆき、葉桜が目立ちだしました。ここ玉津島神社でも、ご祭神の名を冠する桜、衣通姫は同じく葉桜になっています。代わって、牡丹桜がおもたげに咲きほこっていました。 ...
スポット情報

今年も四方の春、雑賀崎縦走

縦走❗️ってほどでないのですが、大浦線のトンネル北側あたりから登り、稜線を超えて天満宮、そして稜線の道に戻り、高津子山へ。頂上は🌸満開、四方の春を満喫しながらお弁当。ホテル万波前へ降り、田の浦港へ、トンネル超えて雑賀崎港へ。そこから恵比寿神...
スポット情報

春ですね。野に出ましょう‼️

暖かくなってまいりました。紀三井寺の標準木はいくつも紅色に膨らんで、開花も間近です😄。 名所図會勉強会を続けていますが、今まで気になったところを、実際に歩いて見てみよう、ということになりました。まずは、4月20日(水)、13時、和歌浦口の...
スポット情報

お「みかん海道」

ちなみに正式名、🍊「有田みかん海道」です。「アメ」に「ちゃん」つけるような感じで、「おみかん」になってしまいます。国道42号の有田大橋を南へ下りて、国道と反対、右折してずっと先まで行きます。小さな湾をまたぐ橋を渡り、しばらく行くとY字路、そ...
スポット情報

和歌山城の冬

雪は降りませんが、和歌山の冬は空気が澄んでいるからか、冷え込みます。 沈んだ色彩の中で、お城は黙してじっと立ち尽くしています。厳寒の雲間から見える薄水色の空を私は「ザビーネの瞳」と呼んでいます。ジャン・クリストフの初恋の少女の瞳です。 ...
スポット情報

名残の紅葉と…

寒波が来ても、常春の和歌山城は紅葉が残っています。 近畿北部では大雪が続いて、和歌山でも北西の風が吹き荒んでいます。さすがにまもなく散ってしまうでしょう。 代わって、大手門筋には水仙が咲き出しました。南国の冬が進んでゆきます。全...
スポット情報

雄山(おのやま)峠譚

アイキャッチは、雄山峠の頂上から北を写しました。和歌山と大阪を隔てる屏風のような和泉山脈を越える峠はたくさんあります。雄山峠は、和歌山市のいちばん東側を泉州へと越える峠で、熊野古道が通っています。(泉や紀州の人々は小栗街道とも呼びますが。)...
スポット情報

秋、東照宮

秋、というのに、青々とした林に包まれた東照宮の参道……。でもよく見ると! 青石の敷石の隙間に、木の実、木の実。県の木、ウバメガシの実でしょうか。 いつもならご拝殿のほうを写すのですが、今日は御神輿社のほうに目が向きました。そう!...
タイトルとURLをコピーしました