私たちは、和歌山の名所、みどころで、皆様のお越しをお待ちしております。赤いベスト、ピンクのパーカー、ピンク、紺のポロシャツの語り部の『ここだけの話』をお楽しみください!!

一つ引両がわかるかな?

スポット情報

新型コロナウイルス感染の拡大により、大阪府等に緊急事態宣言が発せられました。和歌山城天守も、それに伴い、5月11日まで休館になってしまいました。

本来、年末年始以外は、休業日がない和歌山城天守閣なので、いつも高欄廻縁にでる3階の扉が開いている姿を見ている者にとって、このように3階全部が真っ白な天守閣は、あまり見ることがありません。転落防止用の網のせいで、下の長押もよく見えないので、『一つ引両』にも見えませんでした。

 

コメント

  1. 語らぬ部 より:

    コメントありがとうございます。
    和歌山城は、小天守の一つ引両がよくわかるのですが、大天守のそれがわかりにくく、何とか一つ引両に見えないものかと思っています。大天守は、廻り縁があるため、下の長押(廻縁長押というのか、廻縁長押というのか)になるため、見おろしでしか見えないのかなと思います。であるなら、一つ引両に見せることはできないので、高欄廻縁がある天守には、一つ引両というデザイン自体が意味がなさそうに思います。
    他の城で、一つ引両に見える例を教えていただけたらありがたいです。

  2. 和歌山城を愛する人 より:

    小天守の引き両(窓を挟んだ2本の長押)が見え、徳川家(御三家)の城を強調しています。
    いつ見ても落ち着いたお城の風格が感じられます。

タイトルとURLをコピーしました